マンション管理士として独立

マンション管理士の資格取得者の主な仕事としては、マンションの管理組合に対してアドバイスや援助をコンサルティングを行ないます。
そのため「マンション管理組合側アドバイザー」と呼ばれたり表現されることもあります。

マンション管理士はその専門的な知識をもって管理組合の運営や、大規模な修繕やマンションの構造上の問題、またマンションの維持や管理などについて相談にのり、助言や指導、援助といったことを行います。また、区分所有者の相談にも応じます。

平均年収の高い仕事ともいわれますが、この資格を取得したからと言ってすぐに独立開業が可能というわけではありません。
もちろん開業することはできますが、開業後にきちんと運営していけるかといった点において難しいのです。
現在ではマンション管理士の資格だけでは、難しいということです。

マンション管理組合に対してのコンサルを行うわけですから独立自体は可能です。
ですが、実際に独立開業している人の多くはこのマンション管理士の資格だけでなく、宅地建物取引主任者や建築士、また行政書士や管理業務主任者といった様々な資格を取得していることが挙げられます。
これらの資格を合わせて取得すればマンション管理士としての独立開業もそれほど難しいものとはならないでしょう。
要するに独立開業するにはマンション管理士だけでなくもっと幅広い知識が必要になるということです。

独立開業を目指すだけでなく、不動産業界で働くにはとっておいて損のない資格であるとも言えます。不動産業界に就職し、様々な経験を積み、また資格を取得してからの独立でも遅くはありません。
他の資格を持つことで幅広く仕事をすることができるようになります。