マンション管理士になるには

マンション管理士は国土交通省における国家資格で、平成13年から始まったもので比較的新しい資格です。
実際にこの国家資格は開始当初から合格率も8%前後を推移しており、いまだに10%を超えたことはありません。

合格率だけ見れば一級建築士などと変わりません。内容は別としても、取得の難しい資格であるといえます。
そのため有資格者もまだそれほど多くありません。

マンション管理士の仕事はマンションの管理組合に対してのコンサルティングやその管理組合や区域所有者(マンションの住人)に対して問題解決などのサポートも行います。
基本としては管理組合側の仕事ということになります。資格取得者の多くはやはり不動産関連の職種についている人が多く、自身のスキルアップのための資格であるともいえるのです。
ですから不動産業界に就職したり、また転職したりする場合この資格をもっていた方がよいと思われます。もちろん資格手当の対象となる場合もありますし、採用時に優遇されることも考えられます。

この国家試験は例年11月の最終の日曜日に行われていますから、取得を考えるひとはそれに合わせて勉強を行う必要があります。
将来的に取得を考えている場合でもできれば今すぐ、とは言いませんが、極力早めに受験を行い、資格取得をしておいた方がよいでしょう。
新しい資格であることと、合格率が低いことからまた取得者は少ないので今がチャンスと言えるからです。

また、現在はマークシート方式の4択の問題で出題されていますが、いつこの試験の方式が変わるかもしれません。
マークシートであれば難しい問題も4分の1の確率で正解できます。