マンション管理士資格のための勉強

マンション管理士はマンション管理におけるスペシャリストといった位置づけで管理組合の立場としてマンション管理に関する様々な問題の解決や管理組合に対してのコンサルティングなどの業務を行います。

別名としてマンション管理組合側アドバイザーとも表現されることもあります。実際はマンション管理士は職種ではなく、国家資格の名称です。
ですからこれらの業務内容自体は資格がなくても行うことはできるのです。

ですが、問題解決やコンサルティングを行うためにはしっかりとした知識が必要です。
マンション管理士の資格を持っていればこれらの知識は習得していることをその資格が証明してくれることになるので、コンサルティングの仕事なども受けやすいと言えます。
そのため、こういった仕事を行う場合、マンション管理士資格は取っておいた方がよいのです。

資格を習得するには国家試験を受け合格し、マンション管理士として登録することが必要となります。
このマンション管理士の国家試験を受ける受験資格としては現在のところ、年齢、性別、学歴といった制限は全くありません。
ですから学生であろうがフリーターであろうが会社員であろうが問題なく受験ことができます。
但し、現在の状態によって受験のための勉強の仕方は変える必要があります。
独学であればどれでも問題ありませんが、会社員ともなると、終業後の夜間ということになります。遅くまでやっている予備校などがあれば通えますが、基本として独学にならざるを得ないかもしれません。